11.16 Anniversary Page

Back to 2007

登場人物

柏木
フェンリル株式会社代表取締役社長。ご存知 Sleipnir 作者
大倉
多くのプラグインを世に送り出したプラグイン開発者。フェンリル No.1 イケメンプログラマー(自称)。t.o 名義でも登場。
ヒロユキ
acrylic-plus や PictBear 講座でおなじみフェンリルデザイナー。某巨大掲示板の人とは何の関係もございません。
YOSSY
Sleipnir 開発担当。Sleipnir 3 の開発に力を注ぐ毎日。
キヨタカ
Sleipnir Start 開発担当。FUM に参加するなど、常にユーザー視点での開発を心がける。
又野
サポート担当。問い合わせへの返信はもちろん、スタッフにユーザーのみなさんの声やジブリの素晴らしさを届けることにも力をいれる。
WEST
海外担当。いろいろな国のユーザーさんに喜ぶ一方、いろいろな言語の迷惑コメントに頭をかかえる日々を送る。
聞き手

プロローグ

聞き手:「さて、みなさんにお集りいただきましたが、何も考えていません
一同:「えーーーー」
聞き手:「ユーザーさんへの近況報告もかねて、みなさんに口々にしゃべって頂こうかと」

「冒険させてください」

聞き手:「先日冒険ページ *1 がリニューアルしましたが、この中で、冒険ページがきっかけでスタッフになった人は?」
ヒYキW:「はーい」
聞き手:「おー、冒険ページ率、高いですね」
ヒロユキ:「家族に説明する時に『冒険させてください』って言うとか」
一同:(笑)
聞き手:「又野さんは、何がきっかけだったんですか?」
又野:「えーと、いろいろな条件が重なって。。。駅から近いし(笑)」
大倉:「『大倉さんの笑顔が決め手でした』くらい言ってよ(笑)」
一同:(笑)
大倉:「キヨタカさんは?『俺はやすゆきを超えるぜ!』とか?」
キヨタカ:「違いますって(笑)」
WEST:「オセロで超えるとか、言ってましたね」
ヒロユキ:「そういえば、WEST さんとオセロ対決とかしましたね」
WEST:「しましたねー。負けましたけど」
ヒロユキ:「酔っぱらってて変なとこに打つし」
一同:(笑)
聞き手:「YOSSY はどんな理由で?」
YOSSY:「自分自身かなり昔から Sleipnir ユーザーで、ユーザーとの距離が近くて、自分のやったことが直接届くことが魅力でした」
一同:「おー」

「Sleipnir 3」

679 名前:邪悪なことはしない@泰幸 ★[sage] 投稿日:2008/10/31(金) 15:09:27 ID:???

作者です。
   ∩___∩     /゙ミヽ、,,___,,/゙ヽ
    | 丿     ヽ    i ノ       `ヽ'
   /  ○   ○ |    / `(○)  (○)´i、  新しいプニルです!
   | U  ( _●_)  ミ  彡,U ミ(__,▼_)彡ミ   
  彡、    |∪| ,,/   ,へ、,   |∪|  /゙      
  /  ヽ  ヽノ  ヾ_,,..,,,,_ /  '  ヽノ `/´ ヽ
  |      ヽ  ./ ,' 3  `ヽーっ  /     |
│   ヾ    ヾl   ⊃ ⌒_つ ソ      │
│    \,,__`'ー-⊃⊂'''''"__,,,ノ   |

Sleipnir 3 Alpha (Design Preview)

聞き手:「ユーザーさんは、Sleipnir 3 *2 について色々知りたいんじゃないかと思うんですが、構想はいつくらいから?」
柏木:「数年前から」
一同:「えー !?」
キヨタカ:「Vaio C1 使ってた頃 *3 からですか?(笑)」
柏木:「そうそう。画面小さいから、ゲームやってるとスクロールさせないと全体を見渡せない」
大倉:「下の方見てるうちに、画面外の上の方から弾が飛んできてとか」
(しばしゲーム談義)
柏木:「実際には、昨年末くらいからデザインは意識してました。アイコンとか」
ヒロユキ:「プラグインマネージャとかもデザインはしてますし」
聞き手:「おー、では次の Preview 版に搭載?」
YOSSY:「うーーーーー」
ヒロユキ:新スキンの構想とかもあるので、お楽しみに」
又野:「acrylic-plus、女子人気高いんですよ☆ 楽しみにしてます!」

「自分自身がユーザーだから」

つい先日、こそっとお伝えしていた Sleipnir の ”新スタートページ” として展開を予定している Sleipnir Start を本日公開しました。

又野:「キヨタカさんって、Sleipnir Start のことで、よく電話で戦ってますよね。どんな内容なんですか?」
キヨタカ:「えー、戦ってないですよ」
大倉:『事件は大阪でおこってるんだ!』とか?」
キヨタカ:「(笑)えーと、自分自身が使ってる側に立ってみたら。。。自分自身がユーザーだから。。。おかしいと思うこととかですね。。。良いものを使っていただくために。。。うーん、その状況にならないと説明しづらい」
大倉:「電話とビールと、どっちがいる?」
一同:(笑)
柏木:「キヨタカさん、まだ C++ *4 覚えてますか?(笑)」
キヨタカ:JavaScript と混ざります(笑)」
(しばし技術談義)
聞き手:「Sleipnir Start、次はどんなこと考えてるんですか?」
キヨタカ:「先日、検索アイコンを追加しました。今後は、いろんなものを短いスパンで提供していけると思います」
聞き手:「ユーザーさんが Sleipnir Start 用の SeaHorse Script 公開されてますねー」
大倉:Twitter で盛り上がってますよ *5
キヨタカ:「Sleipnir Start で使っているライブラリとか意識してくださっているようで、そういうのって、嬉しいですね。先にやられたー! って思うこともあります(笑)」

「翻訳してあげるよ」

Fenrir Inc would like to share wonderful experiences with many users through our Softwares.

聞き手:「WEST さん、海外の方はどんな感じでしょう?」
WEST:「『翻訳してあげるよ』とか『このドメイン使っていいよ』とか言ってくださる方もいらっしゃるので、うれしいですね。
スペインとかドイツとか、リトアニアとかトリニダード・トバゴとか」
一同:「おー」
WEST:「いろいろな国の方からコメント頂けるんで、励みになります。迷惑コメントを区別するのが大変ですけど(笑)」
一同:(笑)

「ユーザーのみなさんに伝えたいこと」

聞き手:「この機会に、ユーザーのみなさんに伝えたいこととか、ありますか?」
又野:「ユーザーさんから頂いたご意見は、スタッフ全員で共有してます。ありがとうございます」
キヨタカ:「ユーザーのみなさんに評価していただけるものを提供していきます」
聞き手:『謎の人=柏木説』とか『謎の人=大倉説』とかありますが、実は。。。やっぱりいいです」

今年は二部構成でお届けしました 11.16 座談会、いかがでしたか?
第一部では歴史をたどり、第二部では新たに歴史を作っていく仲間を紹介させていただきました。
みなさんに、もっと Sleipnir を、もっとフェンリルを好きになっていただくために。
そして、良き仲間に出会えたことを感謝しながら。

ありがとうございました。

聞き手:謎の人

2 年の歳月をかけて、大きな力を生み出せる素晴らしい組織ができました。
次は素晴らしいプロダクトを作ります。
ユーザーのみなさんも協力をお願いします!

さぁ、攻めるぞ!

フェンリル代表取締役 やすゆき

*1 採用情報のページ。http://www.fenrir.co.jp/adventure/
*2 新たに「エレガンス」をテーマとして掲げた、新しい Sleipnir。
http://www.fenrir.co.jp/blog/2008/10/sleipnirsleipnir_30.html
*3 フェンリルができる前、Sleipnir は小さなノートパソコンで作られていた時期がありました
*4 Sleipnir の開発言語。現在 Sleipnir Start 担当のキヨタカは、以前 Sleipnir 開発を担当していました
*5 Twitter というミニブログサービスで、フェンリルスタッフとユーザーさんとのやりとりが、日々行われているとか、いないとか。http://twitter.com/

トップに戻るトップに戻る